教育ローンが利用できるモビット審査は甘い?

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の特色としてはローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンの金利というものは、融資機関によってひじょうに差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高いところでは10%近いものもあります。

銀行の場合、口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

また、金利の計算方法には2つあり固定金利と変動金利があります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

銀行の教育ローンというものは、一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですし返済期間も長いので余裕を持って返済ができます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利が安くなる銀行もあります。

低金利な教育ローンと言えば国が運営している教育一般貸付です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

銀行の教育ローンは通常3から5%、信販系になると5から10%となりますので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など色々な教育資金に利用することができます。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や公共料金の領収書なども必要です。

ですが、何より最も肝心な書類は在学証明であったり、合格が確認できる通知、入学許可書です。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

子供の人数や保護者の年収(所得)によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間についても最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

教育ローンの比較はランキングサイトを活用すると良いでしょう。

わざわざ金融機関を回ったり資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など比較したい情報は一覧表になっているため、比較も簡単です。

表の中には、来店する必要の有無やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

変動金利なので年に2回金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最低10万から1万単位で最大500万円まで借り入れることができ返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息のみの返済が可能だったり入学前の納付金を支払った後でも3ヶ月以内であれば借入れ可能などのメリットもあります。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

なんらかの原因があるはずです。

まず、働いていなければなりませんから無職や年金受給者は借りることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入があることを証明する必要があります。

非正規雇用の人は最低でも2年以上、勤続年数がないと審査は厳しいです。

また、年収は200万円を下回るようであれば審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

参考:教育ローンとしてモビットはおすすめ?審査もスピーディー【どんな特徴?】