住宅ローンを借りる銀行の決め方とは?

自分の家が欲しいと考えたとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも受け付けることができます。

けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込めば通過するという甘いものではありません。

住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

という訳で、申請をすれば必ず通る。

といった甘い感じではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金繰りの事ではないでしょうか。

一般的には、新生銀行での住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンの支払義務がなくなる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

いずれは住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、これは抑えておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

合計で、実質負担はいくらかを調べることをおすすめします。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる費用がかさむと、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

金利の種類によって支払う金額も大きく異なるため、将来の負担を抑えながら総合的に判断する事をお勧め致します。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

参考:新生銀行住宅ローン借り換え相談!失敗を防ぐ!【サポート体制はどう?】

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えの経験はありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行機関のサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

総費用を見てお得だと判断した後は借入銀行選びです。

金利だけでなく、保証料や手数料など自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

様々なローンの利用を検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですがしかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上になってしまうなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

住宅ローン借り換えに関してネットで調べていると気になる事実を発見しました。

今、住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったケースになるかというと転勤することになって転勤先での賃貸料と二重になってきつい、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際など借り換えができません。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置しようという人もいるようです。

実は借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースが多いです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

金利変動リスクの心配をしたくない人は固定金利制をお勧めします。

家計を圧迫する住宅ローンの返済ですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは違い登記などで様々な費用がかかってしまうので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

そのため、WEB上の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

住宅ローン借り換えをするにあたり様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関側が指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

住宅ローンの返済でお悩みの人の中には住宅ローン借り換えをして減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

借り換えの際には新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも求めていますよね。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというとひとつは保証料が必要ないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」になると言われています。

一円から返済できる、といったことが大切です。

「最も良い資産運用は繰上げ返済である」と言われるくらい大切です。

繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減ります。

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを検討することがあります。

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える際に別の保険に加入することもできます。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、ほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えのタイミングに見直してはいかがでしょうか。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換え後でも要件を満たしていれば利用できるんです。

しかし、この制度を活用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、最寄りの税務署へ行って確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので余裕を持って準備を始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという目的になっているか借り換え後の返済期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利条件を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできる場合もあるようですが、1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を滞りなく進めている方という項目があり、他の銀行もほぼ同様の審査基準になっていると考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料などの費用が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりもさらに金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。