デンタルローンの審査は甘いのか?正社員じゃなくても利用できる?

デンタルローンやマイカーローンをはじめとした使い方が決まっているローンの審査が厳しいらしいと言う人がいるんだけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問を見かけることがあります。

実際に審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①安定した収入 ②成人しているか ③支払いが滞っているなどの金融事故を起こしていないかの3点が重点的に見られます。

年齢の関係で未成年の場合は、成人している親などの名義で申し込む必要が出てきます。

また、借入する人が計画的に返済できる能力があるのか過去のローンや携帯料金などの支払いが滞っていないかを確認されます。

歯医者で診察を受けた時に、「抜け歯の治療するなら・・」とデンタルローンを勧められたことってありませんか?デンタルローンの意味は、利用目的を「歯科治療費」のみに絞ったローン制度です。

細かい部分は違いますが、全体的な仕組みとしては「住宅ローン」や「自動車ローン」をイメージしていただくのがわかりやすいと思います。

では、申し込み時の確認事項を整理しましょう。

①見積書など治療費がいくらかかるのか書いてある書類、②安定・継続した収入(職業が会社員、公務員ならあまり気にしないで大丈夫です。

)これらの情報がローン審査の合否に深く関わります。

歯医者に行って治療費が高額になる治療を受けたい時にみなさんはどういった支払い方法を選択しますか?高額なのでクレカを使って分割払いをしますか?歯科治療専門のローン、「デンタルローン」を使用しましょう。

というのも、クレジットカードの分割払いとデンタルローンの金利の差が大きいからです。

例として、三井住友VISAカードの分割払いでは12.0%から14.75%となっていますが、銀行系で扱っているローンを利用した場合、約5%程度と半分程度の金利負担で借りることができます。

芸能人の歯って白くて綺麗で印象に残りますよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を行っているからなんです。

ということは同じことをしたら皆さんにもあの白さが手に入るかもしれませんよ。

ホワイトニングは歯を削る必要がないというメリットがありますが定期的に歯医者に通って施術し直さなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の方法として審美治療が注目されています。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法やセラミックでできた歯をかぶせる「オールセラミック」といった方法があります。

審美治療はホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用が割高になるのでデンタルローンの利用をお考えください。

インプラントをはじめとした高額治療を受けようと思っても保険適用外治療となる高額治療では費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

そんな方はデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

参考:デンタルローン審査通る?低金利で借りれる【おすすめローン3選】

また、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、確定申告時に申請をすることで、治療費の一部が還付されるので領収書は取っておきましょう。

仮に、申告し忘れても、最大5年前まで医療費控除をさかのぼって受けることができます。

このように、いろいろな制度を活用して費用負担軽減もできます。

「自営業でもデンタルローンは借りられるの?」ネットを見ているとこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば借りることができます。

では、なぜそう考えてしまったのでしょうか。

その理由として、歯科治療などの使い道を限定したローンは資金調達など自分の事業目的には使えないことが挙げられます。

そのほかに審査ポイントとして重要視される「安定した収入」が自営業の場合、ばらつきが出てしまう、営業期間が1年未満など短いと「安定した」と見られにくいこと、一定以上の金額になると収入証明を添付しなければいけないなどが挙げられます。

歯列矯正やインプラント治療を受けようとすると高額な費用が必要と聞き躊躇する方が多いようです。

実は、カード会社や金融機関が取扱いをしているデンタルローンは専業主婦の方でも利用できます。

ただ、主婦の方名義で借りる場合には、安定した収入のあるご家族の方が保証人になる必要があります。

また、CMなどでも聞く利用目的フリーのカードローンとは違い、使い道を歯科治療のみに設定されているので返済時の金利が低い数字にされていることが多く、返済回数や借りる金額を事前にシミュレートして決めることができるので、余裕ができます。

なので高額な治療費だからと諦めることはありません。

肩こりや頭痛がひどい、でも原因がわからなくてお困りの方。

歯並び・噛み合わせの悪さが原因なのかもしれないです。

ネットで調べて実際に歯医者に行ってみたら治すのに高額な費用がかかることがわかって躊躇してしまう方もいるようです。

そんなにすぐ、パートの自分にはそんな費用は用意できないでは、パートの方も利用できるデンタルローンを探して利用してみるのはどうでしょうか。

しかしローンを組む際には、「安定した収入」が見られるので審査時に非正規雇用では不利に取られることがあります。

確実性を求めるならば、「安定した収入」のある親や旦那さん、奥様名義で申込んだ方が審査に通りやすいようです。

治療内容によっては、高額な費用が必要になる歯科治療ですが、治したいのに費用を準備できなくて治せない。

イオン銀行が取り扱っているデンタルローンを利用してみてはいかがでしょう。

借りることのできる金額は30万円からと他の会社のローンが10万円から借り入れ可能なのに対して高めになっています。

金利面が他社と差別化されており最低金利が3.8%からと低めに設定されているので、高額な借り入れになるほど有効そうですね。

歯科医院での見積もりに合わせて、利用するローンを決めるときに覚えておいてもらえればと思います。

歯並びがコンプレックスで困っている方、デンタルローンについて調べてみませんか。

一般的にデンタルローンと聞くとクレジットカード会社が取り扱っているイメージですが銀行でも取り扱っているんです。

例を挙げると、スルガ銀行の場合800万円まで借りられて最大で120回払いの分割払いもできます。

事前審査を受けることで計画が立てやすく、ウェブ上で契約までできるので時間のない人でも 手続きのために銀行に行かなくても大丈夫です。

歯に関してお悩みの方は参考にしてください。

実は歯並びや噛み合わせが気になる、という方は多いようです。

歯並びの悪さは、虫歯や歯周病に繋がったり、頭蓋骨のバランスが崩れて、そのバランスの悪さを気づかないうちに修正しようとして少しずつ体に負担がかかります。

デンタルローンを活用して改善させませんか?歯並びがよくなることで、左右均等に噛めるようになりはの健康寿命が延びたり、筋肉のバランスも改善されるので顔の歪みも解消されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスが良くなり、肩こりやめまい、頭痛が軽減、解消されることもあります。

この機会に歯列矯正を受けてみてはいかがでしょう。

ufjなど様々なカード会社が行なっているデンタルローンですがどういったものかご存知でしょうか。

歯医者で保険適用できない治療が必要にと言われた場合、とても払えないような金額を提示されてしまった。

そんな時に利用できるのがデンタルローンです。

メージとしては住宅ローンや自動車ローンの歯科治療バージョンと考えてもらえばOKです。

クレジットカードで支払うよりも低金利で利用できます。

クレジットカードでの支払いとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

金利や借入限度額など各企業で違うので条件にあったローンを選びましょう。

奨学金やデンタルローンなど各種ローンの返済が数ヶ月単位で滞っている、隔月で延滞していたなどの経験がある方は別件でローンを組もうと思った時に審査に通らない可能性が高くなります。

というのもローン会社は、審査時に必ず信用情報機関に信用情報を確認します。

支払いの延滞や債務整理をしていると返済能力を疑われるためです。

クレジットヒストリーが悪いということになります。

信用情報機関にはローンやクレカの申し込み、契約時の情報、借入・返済が問題なかったかなどの情報が記録されています。

だいたい、申し込みは5年、完済も5年間を目安に情報が残されているようです。

突然ですが毎月8日は何の日か知っていますか?「いい(11)歯(8)並びの日」なんです。

そこで、歯に関するランキングを調べてみたところ、「人に言えない歯の悩みランキング」というものが発表されていました。

やはりといいますか、歯並びに悩んでいる人は多いようです。

悩みはできれば解消したいと思っているはずです。

でも、治している人が多ければランキングは低くなるはず、なぜそのままになっているのでしょう。

大きな理由の1つと言われているのが高額な治療費用です。

歯列矯正は自費治療のため、費用を聞いて躊躇してしまうようです。

ジャックスなどの信販会社が行っているデンタルローンを考えてみてはどうでしょうか。

皆さんは歯医者を選ぶ時に何を気にしていますか?実は、日本に存在する歯医者ってコンビニよりも多いんです。

そのため色々選択肢があって選びにくいですよね。

そんな時に口コミサイトを参考にしています。

医院の設備はどういったものがあるか、先生はどんな人なのか初めて行く歯医者を選ぶ場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、受ける治療内容によって選ぶのもありです。

例を挙げると、歯列矯正を考えている場合では、治療に行く前に先にネットで利用するデンタルローンを決めてからそのローンのHPから提携している歯医者を探すなどです。